「境界標は大切に!」 

土地家屋調査士 高橋敦のブログ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

業務日記 :: 2013/06/17(Mon)

20130617_145018.jpg


基準点測量をしてきました。

作業の時間がちょうど小学生の下校の時刻・・・

「おじさん、何してるの??」の質問攻め!

「あー、ちょっとぼく、三脚に触らないでね~」

と、いつもこんな感じです。(^_^;)


  1. 分筆登記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

山登り :: 2013/06/16(Sun)



土地家屋調査士のPRとして始めたブログが、いつの間にか「週末はいつも山へ・・」みたいな記事ばかりになってしまい申し訳ありません。

短い夏を満喫するため、今週もまた山へ。(^^;)

霧の中を登ること2時間、山頂に到着すると眼下に雲海が広がっていました。

雲の覆われた山も、また格別です。


下山途中、「山の電波塔はどこですか?」と初老の品のいい女性に尋ねられました。

「あそこですよ」と指をさすと、


「お父さんがいつも言ってた場所、ここだったのね・・」と、つぶやいてました。


おそらくこの山は、ご主人が生前によく登っていたのではないかと推測いたしました。(T^T)

山には、いろいろなドラマがあります。







  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

山登り :: 2013/06/02(Sun)



今年初の山登り。伊達紋別岳へ行ってきました。

山頂方向へ続く稜線からの眺めがとても素晴らしかったです!

青く輝いた噴火湾、伊達の町並み、そして遠くに雪をかぶった羊蹄山が見えました。

また秋に行きたい山決定です。(#^.^#)









  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

業務日記 :: 2013/05/30(Thu)



登記申請で室蘭支局へ行きました。

室蘭といえば測量山

せっかくなので立ち寄ってみると、眼下に今時期しか見られない春紅葉がとてもキレイでした!




  1. 現況測量
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

業務日記 :: 2013/05/28(Tue)



折りたたみ三角コーン。

現場で路駐するときに置いてます。

たたむとコンパクトになるので、いつもクルマに積んでます。

ホームセンターで1コ980円!(^O^)

場所をとらずに車載できるのでオススメです。



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

業務日記 :: 2013/05/17(Fri)



ご新築建物の表題登記申請のため、いざ旭川地方法務局へ!

旭川地方法務局は、本局のほか、名寄、留萌、紋別、稚内の4支局があり、道北エリアを管轄としています。

年に数回ほど本局に行きますが、登記処理がとても早く助かっています。

それから駐車場のおじさんが、これまた感じが良く、真冬のめっちゃ寒いときでも笑顔で誘導してくれるのです。
(ホテルのような対応?・・とは言い過ぎですが、長距離運転の疲れも吹っ飛びますね!)

毎回ここへ来ると、旭川の調査士さんや司法書士さんがちょっと羨ましく思います。

  1. 建物表題登記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

業務日記 :: 2013/05/10(Fri)



分筆登記の基準点調査へ。

これは街区多角点といって、国土交通省が人口密集地に平成16年~平成18年頃に設置したもので、土地を測量するときに使う公共基準点です。

依頼地にほど近い多角点が道路工事で亡くなっていたため、だいぶ遠くのやつを探しました。(;o;)

コイツから測量してくると、測量図に公共座標がつくわけです。


  1. 分筆登記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

業務日記 :: 2013/05/04(Sat)



札幌市にある市街化調整区域内の土地特定調査です。

法務局の資料が古く現地が明確に区画されていないので、なかなか場所を特定するのが難しかったです(^^;

依頼地は40年前に査定図を基に分筆形成された土地で、本地周辺には倉庫や土木作業場が点々と存在していました。

依頼者様(土地の相続人様)と現地に同行しましたが、お父様が生前にご購入された土地をはじめてご自身の目で確かめられてご納得されていたようです。

資材置き場や家庭菜園としてならご使用できそうな土地ですね。



  1. 土地特定調査サービス
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

業務日記 :: 2013/04/28(Sun)



分筆登記の事前調査。

これは札幌市の道路境界標で、公共用地(道路)と民有地の境を示したものです。

通常、境界確定後に測量事業者がコンクリート標(通称ダクタイル)を埋設するのですが、民有地側に土留擁壁が存在していたため、埋設工事ができず、やむをえず金属プレート標を境界点に貼り付けたものかと思います。

仮にこの土留擁壁を撤去したら境界標も一緒にふっ飛んでしまいますね。
こういった仮設的な境界標は亡くならないように大切に見守っていただければと思います。


  1. 分筆登記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

業務日記 :: 2013/04/27(Sat)

25427.jpg

雪解けが進み、さっそく今年初の境界標調査です。

隣接地の建物基礎と本地のフェンス基礎下80センチ掘ったところにコン杭がありました。

今から30数年前に埋設したものと思われますが、境界標の表面に刻まれた十字線には赤ペンキがのこっており状態は良かったです。

しかし、この現場は数箇所境界標が無かったので、確定測量が必要になりました。


  1. 境界標調査サービス
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。